鶯谷のデリヘルとラブホテルの親密な関係

都内でも鶯谷のデリヘルとラブホテルの数といえば諸説ありますが、群を抜いて多いのにはある理由があったといわれている

*

鶯谷は戦前からデリヘル業が盛んだった?

都心にはカップルやデリヘルが頻繁に利用するラブホテルの密集するエリアというものが存在します。デリヘル嬢を呼んで利用することはあっても、ついうっかり舞い込んだとき、ちょうど出てきたカップルと鉢合わせた時のあのドキドキ感はできれば避けたいものです。高速道路からでも夜にはネオンが光っていて綺麗ですよね。子どもの頃、目にはあまりにも綺麗に映るもんだから両親に尋ねて『夜の遊園地だ』とおきまりのフレーズを言われた記憶が残っている人もいるかと思いますw
そんなキラキラの夜の遊園地が集まるところが鶯谷にもあります。ここは風俗遊びを知っている人には有名なデリヘルの街でもありますね。その辺りに何か秘密があったりするのでしょうか。そんなちょっとした疑問を抱えていたところある記事を見つけました。
戦後の日本では大きく法の改定があり、このときに公娼制度も廃止されたこともあり、それまで公認でフーゾク店のような売春宿を営んでいた人たちは次々と廃業に追いやられていきました。
そんなときに現れ始めたのがラブホテルのルーツになったとされる、『連れ込み旅館』と言われるところでした。といっても大きな看板を大々的に吊るしているのでもなく、部屋の作りやシステムはいたって普通の旅館と変わりありません。ただ、違うところといえば性的な利用を旅館側が歓迎していたという点。おやおや、なんだかデリヘルのような感じじゃないですか!?
当時の住宅事情といえば、今の家のように1人1部屋というリッチな環境が整っていません。ましてや2世代3世代が一緒に住んでいて、風呂も全員で共同。そんな中、鶯谷でも彼女やデリヘル嬢を自宅に連れ込んでプレイを楽しむなんてことができない時代だからこそ、連れ込み旅館が流行ったのです。そこにいけば、ヘルス嬢ともエッチなプレイもできるし風呂だって入れる!ということでその数は増えていきます。
ちなみに昨今では核家族化が進んでいるとはよく聞きますが、昔から実家(親元)の家に一緒に住むことができるのは長男だけと決まっていました。それ以外の兄弟は家庭を持ったところでも同じ家に住む権限はなかったと言われているんですよね。
では鶯谷でもデリヘルのようなお店が多かったのかというと、実はまったく違う商売を営んでいた人たちが多かったのです。しかし、ここはミーハーな日本人気質が出てしまったようで、『人気があるみたいだからやってみよう』ということでどんどん転職していきました。
今あるデリヘル店が鶯谷でヘルス店を開こうとしたのも、このエリアには利用しやすいホテルがたくさん立ち並んでいるからという好立地だったからではないでしょうか。
風俗の街だけに当たれば大きいので鶯谷のデリヘルで事前に情報収集は必須です。
鶯谷のデリヘルではかなりコアな店がたくさんあつまっていますし、在籍する女性もそのタイプもてんでバラバラですからセレクトするにもかなりの時間を費やすことにもなるかもしれません。それだけ極上の女性が集まってきているエリアでもあるんです。さすがは古くからあるラブホテル街だといえるわけです。
まだ利用したことのない男性はぜひ一度遊んでみると理解できるかと思いますよ、他では体験することができない濃厚でハイクオリティーなテクニックの持ち主たちがいつでも待っているのですから。虜になってしまう世の男たちの気持ちは体感することでしか理解できないのですから。快楽に溺れるという言葉通りのプレイを是非!

公開日:
最終更新日:2016/06/17